太陽光発電

太陽光発電とは

『太陽光発電』とは、太陽光のエネルギーを生かして発電するシステムのことを言います。一般的には、「ソーラー発電」の愛称で呼ばれています。光エネルギーを直流電気に変換する太陽電池パネル、発電した直流を交流に変換するインバーター、分電盤、電力量計などの部分から成り立っています。太陽光発電システムで得た電気と電力会社から購入した電気の使えるようにすることを「系統連携」といいます。自宅で発電して余った電気を電力会社に売却(売電)することも可能になります。太陽光発電システムを、住宅へ設置する時には公的な補助金等が出ます。

img_index02

太陽光発電導入の効果

太陽光で作った電気を最大限活用できるオール電化システムと組み合わせることで、気になる光熱費も大幅に削減可能です。※各地を管轄する電力会社によりライフスタイルに合わせて選べる時間帯別メニューなどお得な料金プランが用意されています。

地球温暖化防止「京都議定書」

1997年12月11日、京都市で「第3回気候変動枠組条約締約国会議(COP3)」が開かれました。この会議の中で議決した議定書のことを、「京都議定書」と言います。この京都議定書は、1992年に開催されたリオデジャネイロの地球サミットにおいて採択された「気候変動枠組条約(地球温暖化防止条約)」の締約国のうち、先進国(東欧を含む38カ国と欧州委員会)にそれぞれ目標量を示して6種の温室効果ガス削減または抑制を義務づけ、その達成時期を定めているものです。議定書には、温室効果ガス排出量の削減目標を、1990年を基準年として国別に削減目標数値を定め、世界が協力して約束期間内に目標を達成することが定められました。 日本は2008年から2012年の間にCO2などの温室効果ガス排出量を1990年にくらべて6%削減することが義務づけられました。 私達クオリティプラスは、CO2削減のためにも、太陽光発電システムの設置をご提案し続けます

太陽光発電システム

無尽蔵、無限のエネルギー

エネルギー源が太陽光であるため、無尽蔵で無償!!
しかも、電気に変えるときにNOx・CO2などの有害物質を出しません。

騒音、排出物がないクリーンエネルギー

化石燃料を使ったエネルギーとは違い、騒音・排出物がないクリーンなエネルギーです。

長期間の利用が期待

太陽電池パネルは、機械的な動作機構がないため維持管理が容易で、30年前の太陽電池搭載の灯台が現在も順調に稼動していることからも、長期間の利用が期待できます。

未利用の太陽エネルギーを有効活用

太陽エネルギーは、無尽蔵です。又、そのエネルギーのほとんどが未利用なエネルギーです。

太陽光があればどこでも発電。

太陽光の取り込めるところであれば、何処にでも設置できます。ご自宅の屋根、ビルの屋上など、設置場所は問いません。